「相馬土垂」を使った給食

14日 みそけんちんうどん ささかまのいそべ揚げ 牛乳
s-KIMG1888.jpg

サトイモの在来種「相馬土垂(どだれ)」を活用した献立です。
磯部小では今日のみそけんちんうどんの中に、この土垂れが入っています。
土垂れは細長い形の里芋で、かつては相馬地方で栽培されていましたが、近年出荷が途切れていたものを市内の若手農家の方が種芋を見つけ栽培を復活させました。
市内の各小中学校では10月から11月にかけて、この郷土の野菜を給食に活用しています。








関連記事
スポンサーサイト