ほっきご飯づくり

5.6年複式 「ご飯とみそ汁」「一食分の献立」の学習で、磯部の郷土料理「ほっきご飯」を作りました。
今日のボランティア先生は、ホッキご飯作り名人の地域の4名の皆さんです。

地域にある磯部水産加工施設のご協力により、磯部特産であるとても大きなほっき貝を準備していただきました。
s-IMG_3011-1.jpg


s-IMG_3014.jpg
いよいよ開始。

s-KIMG1858.jpg
むき方や切り方を教えていただきます。

s-KIMG1862.jpg
水管やひも、内臓を取り除きます。

s-IMG_2254.jpg


s-IMG_2255.jpg

s-KIMG1857.jpg
ほっき貝の食べることができる身とひもを食べやすい大きさに切り、下ゆですると、磯部のほっき貝特有の薄ピンク色になりました。むき汁と調味料を合わせてにんじんも入れてご飯を炊き、最後にほっき貝を混ぜ込みます。

厚鍋を使ってガスで炊いたのは、皆初めての経験でしたが、火加減を見る係がしっかりと番をして火力を調整しました。
s-KIMG1863.jpg
できあがりはこの通り、ふっくらと実においしそうです。

s-IMG_0282.jpg
学校じゅうにほっきご飯の香りが広がりました。
味は、最高とのこと。

s-KIMG1866.jpg
砂のざらざらがなく、うまみたっぷりのホッキご飯ができて昨年より作り方が上手になりました。

今日はお弁当の日だったので、全校生に5,6年生が作ったホッキご飯の試食をしてもらいました。
みんな、とても喜んで食べていました。
ほっきご飯作り名人のみなさん、加工場のみなさん、ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト